>  > 母性なのかもしれない

母性なのかもしれない

人妻や熟女が好きなんですけど、若々しい人妻や熟女よりも、むしろ母性本能があるようなタイプの方が、包まれている感があるような気がするんですよね。自分が風俗に求めているのは快感だけではないんですよね。もちろん快感も大切なものですけど、でも快感だけではないのも一つの事実というか、そこにいろいろなものがあるからこそ、風俗って何となく利用したい気持ちになる部分もあると思うんですよね。特に人妻や熟女は、自分のことを受け止めてくれるんです。普段自分のことを受け止めてくれるような存在はいませんので、それだけでも嬉しいじゃないですか。それに、心の拠り所にもなるんですよね。もしも何か嫌なことがあったら、「人妻に癒してもらおう」「熟女に慰めてもらおう」みたいな気持ちになるんです。こうして頼れる場所が出来るのは、本当に自分自身にとって大きいと思うので、かなり助けられているかなって思いますし、その上で快感だってあるんですしね。

たくさん楽しいことがある

気もい良さがぢ大前提にありますけど、風俗ってそれだけではないのも事実ですよね。そもそも、抜いてもらうのだって自由というか、まぁそんな人がいるか分からないですけど別にずっと無駄話をして時間を過ごすのだってありなんですよね。抜きも含めて、いろんなことを楽しめるのが風俗の良さだと思うので、毎回違った形で楽しませてもらっているんですよ。それがそれでとても楽しいんです。それこそその日の気分によっていろんな楽しみ方が待っているって思ったら、やっぱり男としてそれは嬉しさもあれば楽しさもありますし、何よりも選択肢が自分にある点ですよね。女の子に勝手にどんな時間になるのかを決められるのではなくて、選択肢と決定権はあくまでも自分にあるんです。だからこそ、自分主導で楽しめるので風俗はとても楽しいものだなって思うんですよね。それこそ毎回のように違うテーマで楽しむことだって出来ちゃうんですし、男の理想そのものですよ。

[ 2017-02-12 ]

カテゴリ: 風俗体験談